御蔵島のネイチャーガイド 海豚人丸(うみとんちゅうまる)のホームページです。

よくある質問。

Q1.竹芝からの定期船が「御蔵島条件付き」出航でした。どうすればいいですか?

A1.大丈夫、いつも「条件付き」です。

御蔵島に関しては、「条件付き」ではないのが珍しいほど、基本的にはいつも「条件付き」での出航です。
そうは言っても、翌朝の船の着岸が明らかに無理な場合には、乗船日の昼頃までにこちらから予約時に伺った電話番号にお電話しております。海の様子などについて不安がある場合は、いつでもお気軽にお電話でご相談ください。

Q2.御蔵島にコンビニはありますか?

A2.いいえ、コンビニはありません。

御蔵島には、食料品などを扱う商店が2軒あります。どちらも8:30~18:00ごろまでの営業です。また、飲み物やパン、ギョサン、日用品などを扱う御蔵島農協・漁協は、土日が休業となっていますのでご注意ください。(飲み物の自動販売機は、村内の数か所に設置されています)
その他に、お昼ごはんが食べられる食堂が3軒、飲み屋さんが2軒あります。
夜行大型客船橘丸で早朝に御蔵島に到着した場合、開いているお店はありません。
朝ごはんは必ず東京から持ってきておいてくださいね。
詳しくは、御蔵島観光協会のHPをご覧ください。

Q3.御蔵島にレンタカーやバスはありますか?

A3.いいえ、レンタカーもバスも、ついでにタクシーもありません。

御蔵島は集落が小さくまとまっているので、基本的にどこでも徒歩圏内です。
そのため、御蔵島村内には定期路線バスは走っておらず、レンタカーやレンタバイク、タクシーなどもありません。
島内で自転車に乗ることは禁止されておりますので、持ち込まれても使用できません。
村から離れた場所(エビネ公園など)に行きたい場合は、ご相談ください。送迎が可能です(時期によってはお断りする場合もあります)。

Q4.御蔵島に海水浴場はありますか?

A4.はい、決められた遊泳可能区域があります。

御蔵島は島の周りを断崖絶壁に囲まれた、お椀を伏せた形の島ですので、砂浜のビーチのような海水浴場はありません。
唯一、大型客船が着く桟橋の横の湾内で泳ぐことができます。
湾内の一番深いところの水深は3mほどで、スロープ・ハシゴがあります。遊泳可能区域はきちんと決められていますので、それ以外の場所で泳ぐのは大変危険です。
詳しい場所は、現地で宿や観光協会にお問い合わせください。

Q5.イルカウォッチングは日帰りで行けますか?

A5.基本的に、日帰りはお受けしていませんが・・・

御蔵島は、宿のキャパシティが非常に限られた島です。宿のご予約がないまま日帰り予定で上陸されても、海況が急変して帰れなくなることもあります。
そのようなことを防ぐため、日帰りでのイルカウォッチングは基本的にはお受けしておりません。
ただし、ご予約日の前日に、船頭が『ご予約日は必ず朝も昼も着くだろう』と判断した場合のみ、お受けしております。
早くにご予約をいただいていても、お受けできるかどうかは前日にならないとわかりませんが、それでも良ければ・・・という形でのみ、日帰りのご予約を受けております。
もしくは、帰りのヘリコプターの予約を持っている場合にも日帰りのご予約を受けております。
日帰りについての詳しいご相談はお電話で承ります。

Q6.御蔵島への旅行は個人旅行で行けますか?

A6.はい、ほとんどが個人のお客さまです。

個人でご予約いただいた場合、御蔵島一泊二日でのご旅行料金は、宿代8000円+イルカウォッチング代金7500円の15500円です(宿は民宿ご利用の場合。イルカウォッチングのレンタル代などは含みません)。
海豚人丸や宿が皆さまのご旅行の手助けをしますので、初めてでも、個人でも一人でも心配はありません。

Q7.早朝に御蔵島の港に着きますが、港からの移動はどうすれば良いですか?

A7.ご予約のイルカ船・宿の車がお迎えに行きます。

大型客船就航時の港には、早朝からたくさんのイルカ船や宿の車が停まって皆さまをお待ちしております。
海豚人丸の車には「UMITON」とステッカーが貼ってありますので、それを探していただければわかりやすいです。もちろん、こちらからも探します!

Q8.イルカには100%会えますか?

A8.野生のイルカですので、100%会えるわけではありません。

御蔵島に生息しているイルカは野生動物ですので、100%見られるとは言い切れません。
しかし、海の状態が良く、船で簡単に島を一周することができるようなときであれば、今までの経験から言ってほぼ確実にイルカを見ることができています。
反対に海の状態が悪く、船で島を一周することができないようなときには、イルカを見られずに終わることもあります。
イルカを見られるか見られないかは、天候状態に大きく左右されます。

Q9.イルカウォッチングは午前と午後ではどちらがよりたくさんイルカを見られますか?

A9.その日のイルカの機嫌・海の状況次第なので何とも言えません。

イルカたちの行動は、その日の「イルカの気分」に大きく左右されます。もちろん、海況や天候などもイルカの行動を変化させる大きな要因となります。
また、海は刻々と変化していきますので、船が走れる場所も刻々と変わっていきます。
早朝がいい、午前がいい、午後がいい、といろいろな噂が流れていますが、結局はその日の運ですので一概には言えません。たまたま、午前にたくさんイルカに会えた人は「絶対に午前!」と言いますし、その逆を言う人もいます。
一日なかでの変化はつかみにくいですが、季節の変化は比較的つかみやすいです。
3~4月や11月などの人が少ない時期のイルカは、午前午後の区別なく機嫌の良いときが多いようです。
どうせ行くならばたくさん見られるほうに行きたい!という気持ちはとてもよくわかりますが、こればかりは毎日海へ出ている船長にも、その日・そのときになってみないとわかりません。

Q10.御蔵島の水温はだいたいどれくらいですか?

A10.4~6月と10月~11月は20℃前後、7~9月は25℃前後です。

御蔵島付近を流れる黒潮の動向や台風の影響などで、水温は急激に変動したりします。
そのときになってみないとわからないこともありますが、通常、春と秋は水温20℃前後、夏には25℃前後を想定して準備しておけば大丈夫です。
春(4月~6月)は、水温も低め(20℃以下のこともあります!)なので、5mmのウェットスーツ+ラッシュガードがあると良いでしょう。
夏(7~9月)は、水温も高めですが、日焼け防止やクラゲ対策に、ラッシュガードを着ていたほうが安心です。寒さに弱い人は3mmのウェットスーツやスプリングなどがあると便利。
秋(10~11月)は外の気温がかなり下がってくる時期です。再び5mmのウェットスーツ+ラッシュガードが必要になってきます。加えて、船上での防寒対策を忘れずに(海豚人丸では人数分のボートコートが備え付けてあります)。
迷った時には、ご旅行前にいつでも海豚人丸までお電話でご相談ください。

Q11.イルカとうまく泳ぐコツはなんですか?

A11.ガツガツせずに、リラックスして泳ぐことかもしれません(by船頭)。

よく聞かれる質問です。
本当のところはイルカに聞いてみないとわからないのですが、なるべくリラックスしながら泳いでいると、イルカたちも安心するのか(?)少し警戒心を解いて、近くに来てくれるような気がします。
海に慣れて泳ぐことに余裕がでてくると、イルカたちを観察することによって、イルカの状態に合わせて「ゆっくり泳ぐと良いとき」か「早く泳ぐと良いとき」かがだんだんわかってきます。
基本はイルカたちに安心してもらえるように泳ぐことです。
あまり泳ぎが得意でなくても、イルカの気分次第では近くに来てくれることもよくありますので、そんなときには慌てずにイルカまかせにしてあげることが大切です。
イルカたちの警戒心が解ければ、泳げる泳げないにかかわらず、イルカたちと良い関係が作れるはずです。

Q12.御蔵島への旅行で必要なものはなんですか?

A12.下に詳しく書きますが、一番必要なものは「天候運」です。

<旅行全般>
★御蔵島に到着する日の朝ごはん(早朝に着くので、お店が開いていません)
★保険証(万が一、診療所にかかることになった場合に備えて。コピーは不可、らしいです)
★常備薬(離島では手に入らないものが多くあります)
<イルカウォッチングに行くとき>
★水(船には季節を問わずに熱いお茶を用意していますが、マイペットボトルがあると安心)
★酔い止め(船にも市販薬の用意がありますが、酔ってから飲むのはツラいです)
★サンダル(濡れている船の上でも滑らないものが安心。クロックスやギョサンなど)
★日焼け止め・帽子(海の上は日差しがきついです)
★水着(たまに忘れてくる方、います)
<森歩きに行くとき>
★長袖のシャツ・ズボン(けっこう蚊がいます。噛みついてくるのはそれくらいなので、平気な方は必要ないです)
★虫よけ(同上)
★スニーカー(同上。しかも、観光案内所で長靴レンタル(有料)があります!)