御蔵島のネイチャーガイド 海豚人丸(うみとんちゅうまる)のホームページです。

introduction

海豚人丸
(うみとんちゅまる)

船長:加藤 啓司  Keiji Kato

 静岡県浜松市出身。大学卒業後、証券会社への内定を辞退して、自分探しの旅と称してワーキングホリデーでオーストラリアに1年間滞在。
オーストラリア・バイロンベイで初めてサーフィンにトライしたときにイルカと出会い、イルカに魅せられる。
 帰国後、商業イルカウォッチングがすでに行われていた小笠原で、船を持つための漁師見習いを経て、イルカ・クジラ写真家である宇津孝さんのアシスタントとなってイルカを追ううちに御蔵島へ流れ着く。
 当時、御蔵島や小笠原、オーストラリアをふらふらと行き来していたことからつけられたあだ名は「プランクトン」。
 そんなプランクトン生活に終止符を打ち、イルカウォッチングが御蔵島で本格的に始まる前の年に島に移り住み、イルカウォッチング船の水中イルカガイドを経て(自称、御蔵島で最初の水中イルカガイド)、1995年から自船:海豚人丸で船頭としてイルカウォッチング業に携わる。
 伝説のイルカ男と称されることもあったが、現在は潜りの練習をしていないせいか、はたまた歳のせいか、限界を感じることが多いらしい。
 御蔵島に住んで20年が過ぎた今でも、イルカウォッチングという観光業に矛盾を感じるときがあるらしいが、イルカ(自然)>人間という信念をもって、常にイルカを優先させるようなウォッチングを心がけているという。

メディア出演・掲載履歴(船頭・もしくはガイドとして)
テレビ:TBS系「どうぶつ奇想天外!」日本テレビ系「天才!志村どうぶつ園」「知っとこ!」テレビ東京系「所さんの学校では教えてくれないそこんトコロ!」など
本・雑誌:「Let's Swim with dolphins」「田舎暮らしの本」「島で暮らしたい」「I love diving」「Diving world」「OZ magagine」など

Sun.pngうみとんの仲間たち

★水中ガイド:2017年は新たなガイドさんが来てくれる予定です!


★パソコン隊長:しまりすこ

東京・台東区出身のさいたま・浦和育ち。電話応対やパソコン関連業務(HP製作・Twitter更新)などをこっそりとおこなっています。
御蔵島には学生時代にイルカの生態調査をしに来ただけだったはずなのに、何故かもう2ケタ年在住。

★お邪魔虫:こりす1号2号3号

御蔵島育ち中。
いつか御蔵島にイオンができることを夢見る保育園児。と、乳児。
ご予約のお電話の際にうるさくして、ご迷惑をおかけして申し訳ありません。

P9210043.JPG

DSCF0269.JPG

0117_0131.jpg